スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.05.26 (火)
薬が効かなかった私のカンジダ症が治った理由を自分で考察しています。
誰にでもあてはまるわけではありませんし、わたしが勝手に結び付けて考えているのかもしれません。
こういう一例もあると読み流していただければと思います。

私は昔から、男性関係で理不尽なこと、悲しいこと、辛いことがあると体調を崩していました。
精神的なものだろうと言われればそれまでなのですが(^_^;)(仕事がつらいとかは平気なんです。。。)

でも、気のせいなどではなく
あきらかに異常
あきらかにイタイ
あきらかにオカシイ

病状が出るのです。。。。

以前の記事でも少し触れましたが、代表的なものが膀胱炎やカンジダです。
膀胱炎は菌がいないのにイタイイタイイタイ・・という状況が10年続いたことがあります。
カンジダも数年に渡って悩まされ続けました。薬が効かないのです(T_T)

10年続いた膀胱炎が治った瞬間を覚えています。
一緒に暮らし別れた心から大切に思っていた男性がいました。
もう会えないと、会ってはいけないと自分で強く決めていたその男性に
「会ってきたら?」と親友に言ってもらって、会いに行こうと決めた時。
急に体温が上がってお腹が温かくなり、顔もあたたかくなり全身に血がめぐったのがわかりました。
この瞬間に7年間続いた痛みが無くなりました。

会った時ではありません。自分で自分に許可を出したときです。
嘘みたいな奇跡でした。

このたびはカンジダが治らないという病に苦しみました。
かゆみはほぼなく、痛みがひどく辛かったです。
ある日遠い日の↑この出来事を思い出し、もしかして・・・と思って試したことがありました。

数か月前に3年おつきあいした男性に急に振られたんです(^_^;)
大好きで大好きで、たくさん時間を共有して幸せだったはずなですが、メールでたった一言で振られました(T_T) 
ショックでした。

ですが涙も出ませんでした。彼の性格はよくわかっていましたし。
信じてたというよりも信じたかったというほうが正解でしょうね。
やっぱりか、という想いも半分くらいありました。
私がバカだったんだなと思って早く忘れて楽しく暮らそうと頭を切り替えました。

楽しく暮らしてたんです。数か月間、ほぼ思い出しもしませんでした。
不思議と辛いという気持ちになることもなく。。。


ですが、数か月たってカンジダという病気がやってきて、病院でいくら治療してもらっても、転院しても、治らないんです。
そしてイタイ。普通カンジダはそんなに痛みなどは出ないはずなんですがイタイイタイ、、、死ぬかと思いました(^_^;)

で、過去の自分を思い出して、もしかして!って思ったんです。
気持ちを開放してあげてなかったなあ、と。
いきなり振られて悔しかったし、悲しかった、今までの時間はなんだったの?っと思ったし、
でもあまりにショックで、無かったことにしたんです。

で、泣いてみました。笑
ふられて数か月たって初めて泣いてみました。いろいろなことを思い出しながら声に出しながら毎晩(←コワイ 笑)
一週間近く。

そしたらね、治ったんですよ、カンジダ。 笑 ウケルでしょう
30代半ばの女がワンワン泣いて持病を克服した体験記でした。

負の念をため込んではいけません。
免疫力が下がります。
自分の思念というものは自分が考えているよりもはるかに大きな影響力があるようです。
めぐりめぐって自分に返ってくるみたいですよ  笑


未分類 2015.05.26 (火)
彼氏が変わるとカンジダが治ったという話はネット上でもよく見られます。
私も最初のカンジダ発生は高校生の時、でした。
ネット環境そのものが無く、今より情報を手に入れるのが困難な時代。
自分はまだ高校生なのに何でこんなことになってしまったのかと悩みました。

親に気が付かれないように婦人科に通って治療しましたが、すぐに再発。
途中からもう気がおかしくなりそうでした
当時の私を思い返すと我ながら可哀想になります。少し鬱っぽくなっていたかもしれません。
当時の彼氏にバレたくなくてしんどかったです。

彼がカンジダ菌を持っていたのか、、、というと、そうではないような気がします。
ただ、私のエネルギーを吸い取る相手というか、高圧的で自分がすごくくだらない存在だと思わせられる、
そんな嫌なヤツでした。

いまでこそそう思えるのですが、当時の私は純粋だったんですねー、信じていました彼のコト。
彼の言うことが正しいと盲目的に信じてしまい、いい様に使われひどい目にあいました。
そんな環境に半端でないストレスを抱えながら、でも彼のことが好きだから←なんて今考えるとホントにバカなんですけど

こういったことが免疫力の低下につながり、カンジダを引き起こしたのではないかと思います。

よくよく考えると私は本能的に拒否している男の人を、「でもいい人だから」とか「私のことを思ってくれているから」とか「彼を逃したらもう次はないかも・・」みたいな考えで我慢してお付き合いすると(失礼な話ですが!こんなにいい人ならそのうち好きになるかもとか思っちゃって)
100%必ずと言っていいほど体に不調をきたします。
カンジダだったり、膀胱炎だったり、シモ関係ばかりなのですが、薬で治らないんです・・・

⇒薬で思うように治らない方はくわしく続きを読んでみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。