スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2014.12.07 (日)
治療が完了するまで恐怖と不安で精神不安定でした。
婦人科で原因が分かった時、帰りの車の中でちょっと泣いてしまいました(^^;)
ほっとしたんだと思います。

思い返せばカンジダ膣炎になる理由に心あたりがあります。
症状が出る10日ほど前に親知らずを抜歯し、抗生剤を続けて何日も飲んだのです。

普段、全くと言って薬を飲まない生活をしている私の身体のバランスが崩れる大きな原因の一つでしょう。

さらに最初の泌尿器科で膀胱炎と診断を受けて抗生剤を使用。
もちろん悪化しますよね。

そして内科で二回目の点滴を受けた時にわかったのですが、1度目の点滴の際、
栄養剤を入れてもらったと思っていたのですが、栄養剤&対膀胱炎用抗生剤を点滴してもらっていたのでした。
さらに悪化、もう激痛きてもおかしくないですね。

運の悪いことに、カンジダの最大の特徴である「かゆみ」が出なかった為、(100%膀胱の痛みでした)気がつかず
治療だと思ってどんどん悪い方向に進んでしまったのでした。

▶親不知抜歯 抗生剤<朝昼夜>5日分使用
▶膀胱炎治療 抗生剤<朝昼夜>2日分使用
▶膀胱炎治療 抗生剤<点滴>

他にもとんぷくとか座薬とかいろいろ・・・

カンジダ膣炎は抗生剤で悪化するそうです・・・・

無事、6回の治療も終わりました。
現在、再発防止のためにカンジダに効果があるといわれているサプリメントを服用しています。
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。