スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2014.12.02 (火)
無菌性膀胱炎&難治性&治療方法が無い、と言われてから即、大きな病院を探しました。
そんな訳がない、この痛みが治らないわけがない、こんな痛みで生きていけない・・・
必死でした。

私が住んでいるのは100万人の人口がいる中都市、大きな有名な病院で見てもらえれば原因がわかって解決するはず!
そう思いました。
ネットで無菌性膀胱炎、非細菌性膀胱炎と検索すると様々なクリニックのHPがヒットします。
その中から自分の症状に近いものを目を皿にして探しました。
痛みが軽いと軽いと書いてあるものが多かったのですが、こちらとしては激痛。
耐えながらの検索作業です。
治らないと記してあるものも多く、余計に不安をあおられました。

私が住んでいる市で泌尿器科が有名といわれる病院を探し、すぐに予約を入れました。
急ですぐには取れないことを覚悟していたのですが、予約が取れたのはなんと翌日の午前中。

救われた思いでした。

これでキット治る・・・きっと診てもらっていた医者はヤブだったんだ(失礼!)

この日は小さな病院でもらったとんぷくを飲んで一夜を過ごしました。
でも、吐くわ、吐くわ。
下腹部痛がひどくて吐いているのか、胃が荒れていて薬を受け付けないのかもうわかりませんでした。
最終的には水を飲んでも吐いてしまい、ヘロヘロです。
今まで生きてきた中で一番吐き戻した一日でした。辛かった・・・

とんぷくも吐いてしまうので、ほぼ薬は効かず、痛い。
お風呂の湯船に集めのお湯をはってもらい、温めた時だけすこーし楽になりました。
お風呂から出てベットに戻り休もうとするとまた激痛。
深夜にベットから這いずり出て、お風呂に入りなおすこと4回繰り返しました。

痛みと、治らないと言われた不安でおかしくなりそうでした。

翌日、大きな病院に診察に行きました。
治して・・・タスケテクダサイ・・・・
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。