スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2015.05.26 (火)
彼氏が変わるとカンジダが治ったという話はネット上でもよく見られます。
私も最初のカンジダ発生は高校生の時、でした。
ネット環境そのものが無く、今より情報を手に入れるのが困難な時代。
自分はまだ高校生なのに何でこんなことになってしまったのかと悩みました。

親に気が付かれないように婦人科に通って治療しましたが、すぐに再発。
途中からもう気がおかしくなりそうでした
当時の私を思い返すと我ながら可哀想になります。少し鬱っぽくなっていたかもしれません。
当時の彼氏にバレたくなくてしんどかったです。

彼がカンジダ菌を持っていたのか、、、というと、そうではないような気がします。
ただ、私のエネルギーを吸い取る相手というか、高圧的で自分がすごくくだらない存在だと思わせられる、
そんな嫌なヤツでした。

いまでこそそう思えるのですが、当時の私は純粋だったんですねー、信じていました彼のコト。
彼の言うことが正しいと盲目的に信じてしまい、いい様に使われひどい目にあいました。
そんな環境に半端でないストレスを抱えながら、でも彼のことが好きだから←なんて今考えるとホントにバカなんですけど

こういったことが免疫力の低下につながり、カンジダを引き起こしたのではないかと思います。

よくよく考えると私は本能的に拒否している男の人を、「でもいい人だから」とか「私のことを思ってくれているから」とか「彼を逃したらもう次はないかも・・」みたいな考えで我慢してお付き合いすると(失礼な話ですが!こんなにいい人ならそのうち好きになるかもとか思っちゃって)
100%必ずと言っていいほど体に不調をきたします。
カンジダだったり、膀胱炎だったり、シモ関係ばかりなのですが、薬で治らないんです・・・

⇒薬で思うように治らない方はくわしく続きを読んでみてください。
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。